福井晴敏さんの新刊「人類資金」が250円!出版業界の敷居下げ作戦とは?

福井晴敏さんの新刊が紹介されていたので、お知らせします。

 

大胆割引で読者「倍返し?」

 

森本さん

「出版されている一冊一冊見ていると、本当に面白い本が出ているんですけれども、 ただやっぱり本離れっていうのは止まっていなくて、実は10年近く国内の出版物の売り上げというのは、減少しているんですね。

 

2005年には、2兆1964億円あった売り上げというのが、どんどん減っていまして、2012年には、1兆7398億円まで下がってしまっているんですね。」

 

進藤さん
「スミスの本棚もやっているのにね。」

森本さん
「一生懸命やっているんですけれどもね。」

「出版業界は大胆な割り引きで、なんとか読者を取り戻そうという取り組みが始まりました。」

 

人気作家の新刊250円!
小説×映画の新戦略

 

都内の書店にきています。実は8月9日に発売になった珍しい本があるんですけれども、こちら人類資金という本で、新刊にもかかわらず半額の250円なんです。

 

経済小説、「人類資金」。全7巻を刊行する予定で、8月9日は1巻と2巻が同時に発売されました。
その第1巻を定価500円の半額、250円で発売したのです。(2014年3月までの期間限定)

 

 

Q.これ値段についてどう思いますか?

 

お客
「250円ですか、安いですね。」
「すごくびっくりしました。」

 

書店の販売担当者も驚きを隠しません。

 

丸善
中島 加那恵 さん
「250円で大丈夫なんだろうか、というのは正直ありました。」

 

さらに、この小説は発売前から映画化が決まっていて、10月19日から全国で公開される予定です。

 

異例尽くしの出版戦略。
その背景には何があるのか、出版社を訪ねました。

 

Q.書籍というより映画のポスターみたいですね。

 

講談社
書籍販売局
藤崎 隆 局次長
「書籍を原作とした映像化というのが、本の売り上げを伸ばす一番の大きなポイントになったりしますので。」

 

そこで、この人類資金では、小説全7巻全ての刊行を待たずに、映画を公開するというのです。

 

講談社
書籍販売局
藤崎 隆 局次長

「今回の250円は、画期的な値段付けだと思っておりますけれども、ここでまず読者の方に手にとっていただければ、これだけ福井さんの書いていただいた、面白い作品ですので、途中で映画を見たとしても、その映画のディティールをもう一度本で読みたいという方がかなり出てくるんではないか。」

 

この小説、人類資金の作者、福井晴敏さんが講談社の編集者と打ち合わせをしていました。
次に発売する3巻と4巻の原稿を推敲しています。

 

編集担当者
「ここはロシア語にしなくてもいいのでは?」

 

「人類資金」著者
福井 晴敏 さん
「そこは臨場感ということで。」

 

編集担当者
「ではロシア語にしましょうか。」

 

福井さんは作家の立場から、今回の販売戦略をどう見ているのでしょうか。

 

Q.価格にためらいは無かったですか?

 

「人類資金」著者
福井 晴敏 さん
「驚きましたよ。「250円になりました」っていくらなんでもじゃないかと思った。
敷居下げ作戦。」

 

それでも福井さんが実験的な販売戦略に乗った背景には、出版をめぐる現状への危機感があったと言います。

 

「人類資金」著者
福井 晴敏 さん
「電車に乗ると一目瞭然だと思うんですが、全員スマホを見ていますよ。
多分時間つぶしで活字を読む量がそこで満たされちゃっている。」

 

余暇時間の奪い合いが激しくなる中で、如何に小説という文化を残していくかというチャレンジでした。

 

「人類資金」著者
福井 晴敏 さん
「直木賞よりロードショーという、身もふたもない言葉があるんですけれども、1巻2巻を手にとって読み始めてくれた方というのは、おそらく映画を見たあとでも、続きを絶対読みたくなるんです。
それは、そのように作ってあります。」

 

名作漫画 複数巻が無料
売り上げ「倍返し」

 

一方、競争が激化している電子書籍では、無料を売りにするこんなキャンペーンも。

 

集英社
デジタル事業部
岡本 正史 さん
「スマートフォンやタブレット、PCも含めて、コミックスをかなりの巻数を無料で読んでいただくというキャンペーンをやっています。」

 

集英社が8月9日から始めたのは、「ときめきトゥナイト」「クローバー」を1巻から5巻無料で読めるキャンペーンです。( 9月8日まで)
これまで、1巻分を無料にすることはありましたが、ここまでまとまった巻数を無料公開するのは異例のことです。

 

集英社
デジタル事業部
岡本 正史 さん
「長い作品になってくると、「読んだら面白い」というポイントが1巻で終わりになるとは限らなくて、最初の5巻分を読むと、続きが気になって仕方がなくなる。」

 

集英社は5月、連載中の「キングダム」を10巻まで無料公開したところ、11巻以降の売り上げが7倍になりました。

 

 

集英社
デジタル事業部
岡本 正史 さん
「1から10巻の売り上げも2倍に上がりました。
いろいろなキャンペーンを試してみた中で、これが一番大きな効果が上がった。」

 

今後もまとまった巻数を、相次いで無料公開する予定です。

 

集英社
デジタル事業部
岡本 正史 さん
「試し読みを積極的にやることで、今まで読んでなかった読者の方にも、手にとって読んでいただけるのかなと思っています。」

 

本離れが進む中で、無料や割り引きで読み手を増やそうという試みは、ますます広がりそうです。

 

森本さん

「どんなに面白いコンテンツ、内容のものを作ったとしても、やっぱりインターネットだったりゲームだったり、個人の時間の奪い合いになってしまっていて、それで本がなかなか売れない状況になっている。

 

その中で、まずは如何に消費者に注目をしてもらうか、ていうところで値段を下げたりですとか、映画と同時に公開したり、ていうことであの手この手でやっているんです。」

 

進藤さん

「映画のラストシーン見ちゃった人、本読むんですか?」

 

森本さん

「そういうリクスももちろんあるんですけれども、正直この実験はやってみないと分からない、とおっしゃっていて、これからいろんな策を講じて行って、思考錯誤はまだまだ続くとおっしゃっていました。」

 

コメントを残す

サブコンテンツ
2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

このページの先頭へ