富野由悠季監督が所属する「飍(オオカゼノオコルサマ)」とハリウッドが提携!?

 

日本のアニメ作品
ハリウッドと組み世界へ

 

海外で評価が高い日本のアニメーション。
その頭脳がハリウッドとタッグを組みました。

 

日本のアニメを輸出せよ!
アメリカのスタジオとタッグ

 

会見場に並べられたのは、人気ハリウッド映画のフィギュア。

 


 

富野 由悠季 監督
「アニメ・コミック発のコンテンツを持った、日本の映像企画を広く世界に提供したい」

 

こう語るのは、アニメ「機動戦士ガンダム」の生みの親、富野由悠季監督です。

 

富野監督など、クリエイターが所属するプロデューサー集団「飍(オオカゼノオコルサマ)」とアメリカの映画製作スタジオ「レガシー・エフェクツ」の業務提携会見。

 

事業の第一弾として、富野監督による映画の制作が発表されました。

 

富野 由悠季 監督
「過去のものから、リメークする可能性を考えています」

 

作品名は発表されなかったものの、代表作「ガンダム」のリメークの可能性も匂わせました。

 

機動戦士ガンダムの商品をお探しの方はコチラから【ララビットマーケット】

 

レガシー・エフェクツは、アバターなど多くのハリウッド映画の特殊メイクやコスチュームを制作しているスタジオ。

 

その技術を、日本のアニメの実写化などに生かし、日本のコンテンツをハリウッドを通じて、海外に広める狙いです。

 

レガシー・エフェクツ
ジョン・ローゼングラント オーナー
「われわれが組み、製作することで新しい領域が見えると思う」

 

コメントを残す

サブコンテンツ
2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

このページの先頭へ